インフルエンサーで、作家でもあるはあちゅうさんの疲れ果ててしまったような
ツイートを見て、同じくSNSの矢面に立たされているメーガン妃の姿が重なりました。




はあちゅうさんは自分のツイッターに辛い気持ちを吐露し、
メーガン妃は批判の的だった服装とヘアスタイルを劇的に変えることで、
対応しましたが、一般の人がSNSでつぶやいた心ない言葉が
有名人のお二人のような方にもしっかり届いてしまうということを
もっと心しなくてはいけないなぁと思いました。

ツイッターのようなSNSサービス側のブロックや、フィルター機能のようなもの
(ツイッター、あまりわかっていないので、そのようなものがあればの話ですが)
の改善に期待すると同時に、利用者側も有名人であろうがなかろうが
誰か特定の人について書くときは、一息おいて、一瞬相手の立場になって考えてみる
ことが大事ではないかと思います。

また昔聞いたこんなフレーズも今回の件で、思い出しました。
"If you can't say anything nice, don't say anything at all."
『良いことが言えないなら、何も言わない。』
と訳せばいいのでしょうか。アメリカの教育・子育ての場面でよく使われるフレーズと
聞いたような気がしますが、とてもいい言葉だなと。
SNS上でも役に立つのではないかと思います。

最近ツイッターをたまに見るようになったのと
ブログも細々とですが、発信しているものとして、今回は自戒の念も込めて書きました。

はあちゅうさん、イケダハヤトさんがいつも「すごい、すごい!」と褒めているので
最近気になっている人の一人です。私も大好きな「林真理子さん」が一番好きな作家
だと挙げられていたのを見て、ご本人の書かれた本も読んでみたくなりました。


応援のクリック、励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


人気ブログランキング