私が住む北イタリアでもここのところ暖かい日が続いており、このまま春を迎えてくれれば良いなぁという感じなのですが、皆様の住むところはどうでしょうか?

3月から4月にかけては、キリスト教諸国ではクリスマスに次ぐ大事な行事『イースター(復活祭)』があります。世界の行事を宗教的な意味など難しいところは省いて、楽しいところだけを上手に取り入れる日本、イースターもそのうち流行るのではないかと思っています。クリスマスはもちろんのこと、ハロウィンもすっかり定着しましたね。

イースターが流行りそうだと思う3つの理由



◯デコレーションがとにかく可愛い
パステルカラーの色とりどりの卵に、うさぎちゃんやヒヨコちゃん、春の色とりどりのお花等とにかく女性や子供が好きそうなラブリーなものばかり。
boiled-eggs-bright-cheerful-372173



◯子供も楽しめる伝統行事
子供がいない我が家はイタリアではどうなのかがよくわからないのですが、欧米諸国では子供達による『イースターのエッグハンティング』は有名ですよね。小さな子供達が芝生のお庭等で一生懸命卵を探している姿はかなり可愛いです。また親子で卵に色付けをしたり、クラフト的な要素もありますね。
animal-bright-bunny-372166



◯イースターにまつわる食べ物がたくさんある
イタリアだと、子羊のお肉、ウォーヴォ ディ パスクワ(大きなチョコレートの卵)、コロンバ(鳩の形をしたケーキ)、デビルドエッグ風の卵料理などなど、すぐに思いつくだけでもたくさんあります。ドイツやフランスなどでもイースターの料理やお菓子があると聞いたことがあるので、世界を見渡してみると、かなりの数がありそうです。
blur-bunnies-chocolates-6408



このようにちょっとしたパーティーをするのに大事な3要素がしっかりあるので、そのうち流行るのではないかなぁと思うのです。というか、もう流行っていたりして!?
海外生活10年以上でネットで情報は仕入れているものの、やや浦島太郎気味のところもあるので…。

ただ難しいのは、イースターって、毎年日にちが変わるのですよね…。(ちなみに今年は4月21日(日)です)上記にもリンクしたウィキペディアによると、
春分の日の後の最初の満月の次の日曜日
なのだそうです。だいたい3月末から4月末の間のどこかの日曜日と覚えておけば大丈夫なのですが『12月24日!』『10月31日!』とかはっきり決まっているわけではないのが、定着が難しい唯一の理由かもしれません。

私の一番楽しかったイースターの思い出は、イタリアに来てからというよりも、子供の頃経験した在日米軍基地のイースターですね。当時私はガールスカウトをやっていて、時折、近隣の米軍基地のガールスカウトとの文化交流の機会があったのですが、イースターは特に楽しかったです。みんなで卵探しをしたり(中に入っているジェリービーンズはあんまり好きじゃなかったけど(笑))、シンプルな古い帽子とそれにつけるリボンやお花などのデコレーションをたくさん用意してくれていて、それぞれが思い思いの帽子を作るというクラフトに参加したり。すごく楽しかった!

イタリアではもっぱら義母の料理が楽しみです。(義母はとても料理上手)特にヨーロッパの春のお楽しみ・ホワイトアスパラの出始めのシーズンとイースターが重なるのですよね〜!このように当日は義両親宅に行くのですが、自宅でも何かちょっとしたデコレーション(ペーパークラフト)に、今年は挑戦したいと思います!(できたらまたアップします。)

応援のクリック、励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


人気ブログランキング

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット