ここのところ床掃除は掃除機をかけた後、週に何回かモップで往復(撫でるともいう)するだけだったので、気がついてみるとかなり薄汚れた感じが・・・。
以前も何かよい掃除方法がないかと記事にしましたが、やはり王道はブラシで磨きまくること。

今回も汚れ取り洗剤をスプレーしてから、少しお湯をかけ、ひたすらこすりました。
その後モップで拭き取り。
IMG_2515
IMG_2516


やり始めるまではかなり億劫だけれど、やり終わった後の爽快さはかなりのものです。
もっと頻繁にやらなくては・・・。

さて、薄汚れた感じが気になっていたところに今回「やらなきゃ!」というスイッチが入ったのは
最近お気に入りのドラマ『デビアスなメイドたち』で、カルメンというメイドさんの一人が床をゴシゴシ、ブラシで磨くシーンがあったから。

この『デビアスなメイドたち』、『デスペラートな妻たち』と同じ人が製作指揮ということで、とっても面白い!最近テレビで放映しているのに気づいて、初めはラテン系の女性がたくさん出てくるので、南米系のソープオペラかな?と思っていたら、ビバリーヒルズの豪邸に仕えるメイドさん達のお話ということが見ているうちにわかってきました。まだ見始めたばかりですが、すっかり夢中で毎日今か今かと待っているところ。(毎日二話ずつ放映しているのです。ただ見始めたのが第二シーズンの途中からだったのが悔しいところ・・・)

デスペラートな妻たちではブリーに影響を受け、彼女の完璧な主婦ぶりを
少しでも見習いたいと思っていましたが、今回はメイドさんたちの完璧な
掃除ぶりに影響を受けて、家がきれいになれば言うことなしなのですが・・・。
(ちなみに今の所一番お気に入りのメイドさんは、ロージー。でもゾイラもいいな。)

ちなみにデビアス(devious)とは「不正な」とか「腹黒い」とか「本道を踏み外した」とかの意味があるそうです。恥ずかしながら知らなかったので、英語の勉強になりました。(英辞郎昔から愛用しています。)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

ライフスタイル ブログランキングへ