カテゴリ: 気になるもの

北イタリアに住み、在留届を出している私は管轄の在ミラノ日本総領事館から時々メールでお知らせが届きます。最近では欧州で頻発しているテロの注意喚起が多いですが、先日はイタリアをはじめ欧州で麻疹が流行っているなど私がしらなかった情報などもメールでお知らせしてくれるので、助かっています。たしかベルリンのクリスマスマーケットのテロが起こったときに、ドイツを訪れる人(及び在住者)向けに『マーケットのような人が多く集まる場所には近づかないようにしましょう。』みたいな注意があったのですが、「この時期ドイツを訪れる人は、みんなクリスマスマーケット目的なのに近づかないようにっていったい・・・。」とつっこみたくなるような内容も送られて来ますが、国籍が日本とはいっても、国が税金も納めていない海外在住者の安全にまで気を配ってくれるのはありがたいことです。

そして昨日きたお知らせメールの内容が「あら!」と思ったのでご紹介。なんと外務省が『ゴルゴ13』の漫画を使った海外安全対策マニュアルを作ったそうです。

「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」(PDFを開いて見られるようになっています。)

『ゴルゴ13』って私は読んだことがなかったのですが、おじさん?男性一般?に人気の漫画ですよね。お堅いと思っていた日本の外務省が漫画を起用してマニュアルを作ったことに驚きましたが、ずらずらと文章でマニュアルを書かれても、特に安全対策のようなものは自分が危険な目にあったことがある人でもないとなかなか率先して読むようなことはないと思うので、これはとてもいい案だと思いました。ゴルゴ13は名前を聞いたことがあるくらいの私も公開されている1話を早速好奇心から読みましたので、ゴルゴ13好きな人はなおさらだと思います。

内容は中小企業向けとなっていますが、第1話を読む限り、最近のテロの傾向など海外旅行者なども知っておいて損はない情報だと思いました。

You tubeで、外務省の方がこのマニュアルの解説もされています。


なんだかこのマニュアルを見て、『ゴルゴ13』の漫画が読んでみたくなったのはわたしだけかな??

キンドルでも読めるみたいですね〜。これとか読んで見たい・・・。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

ライフスタイル ブログランキングへ

数ヶ月前からこちらで人気のCMなのですが、見ているとなんだか目が離せなくなり、かつ、踊りたくなるようなCMがあります。

TIMというテレコミュニケーション会社のCMで、メインで踊っている(最初と中間、そして最後に出てくる青色のスーツのダンサー)のは、あまり詳しい情報が見つからなかったのですが、Sven Ottenさんというドイツ人でYou tubeで自分の踊っている姿を投稿して、スターになった人のよう。(ケルン出身の本業はIT技術者という情報もありましたが、真偽は不明です。)You tube 上では『Just Some Motion』で検索するとたくさん動画がでてきます。

いろんなバージョンのCMがあるのですが、視聴者数が多かったのがこちら。(音が出ます。)↓


イタリアではこのCMで一躍人気者になり、今年のサンレモ音楽祭にも出演しました。


そして、これは私が住むところでは流れていないのですが(ドイツのDEKAという投資会社?のCMのよう。はじめてみたときは、どこかのショッピングモールのCMかと思いましたが・・・)私の1番のお気に入り。↓



これが人気のでるきっかけとなった、もともと本人がyou tubeに投稿していた動画の1つ。



このダンスと音楽、軽やかで、なんだかとっても癖になります。
このダンス、ハッシュタグ等を見ると、『ネオ・スウィング』となっていますが、スウィングのほかにもメルボルンシャッフルやテックトニック、レボレーションやチャールストンなどのチュートリアル動画をpcで見ながら、自宅で習得し、いろんな動きをミックスさせたオリジナルなダンスのようです。(ベルガモ・ポストの記事より。→Bergamo posto -Sven Otten


こんな風に踊れたら、楽しいでしょうね〜。ご本人がステップを教えているチュートリアルのような動画もあり(You tube上で、just some motion tutorialで探すとでてきますよ〜。)、私も真似して見ましたが、思ったように足が動かず、もつれそうになります・・・。

そういう私を見て、冷たい視線の方が一名・・・。
「慣れないことすると、けがするにゃ。」
IMG_3202



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

ライフスタイル ブログランキングへ

シンプルライフ、ミニマルライフを実践するかたのブログを読んでいると、よくお財布についての記事を目にします。「私のお財布の中身はこれだけです!(お金が少ないという意味ではない。)」とか「お財布自体をさらにミニマムで使いやすいものに買い換えました!」とかみなさん生活の隅々までシンプル・ミニマルを意識されていてすごいなぁと思いながらいつも読んでいたのですが・・・。

ミニマリストに憧れているといいながらも多方面でミニマルではない私ですが、実はお財布はミニマルです!(だと自分では思います。)
IMG_3210


カード類は8枚
BlogPaint


クレジットカード
デビットカード
臓器提供意思表示カード
保険証
電車バスカード

インターナショナルな銀行カード
美容院ポイントカード
携帯電話のカード

ただこれももうちょっと減らせそうなのです。最初の5枚は必需品ですが、ヨーロッパ内にいるかぎり、クレジットカードとデビットカードで事足りるので、インターナショナルな銀行カードは必要なさそう。

またこちらでは美容院は年に一回くらいしか行かないのですが、カードを忘れそうになるため、お財布に入れっぱなしにしているのですが、これは行くときに入れた方が良いですね。

そして最後の携帯電話カードは、自分の携帯電話の番号が書いてあるカードで、未だに暗記していないため持ち歩いています・・・。

そして上記のカードの他にはわずかばかりの紙幣と小銭が入っています。(デビットカード派なので、現金はあまり使用しません。)
BlogPaint



そして私の場合中身より問題なの財布そのもの自体。
実はいろんな方の財布記事を見るまでは、自分の財布に問題があるとは思っていませんでしたが・・・。

実は私のお財布、かれこれ20年間 同じものを使用しています。これは忘れもしない二十歳の時、短大を卒業して会社勤めをし始め、やっともらえた数日間の夏休み、「海外にでも行かないとやってられない!」と同じ年に働きはじめ、同じ時期にわずかばかりのお休みをもらえた姉と共に、グアムに行きました。海がメインな土地なのに、二人とも焼きたくないという理由から、ビーチには一回曇りの夕方にちょっと見に行った程度という珍妙な旅行でしたが、お買い物やアメリカの香りがする(?)レストランで楽しい時を過ごしました。(ちょうど旅行中にダイアナ妃の葬儀が中継されるという、悲しい思い出もちょっとありますが・・・。もう20年にもなるのですね。)このお財布はそのときに購入したものなのです。当時、私の憧れのブランドで、「(このブランドは)革が非常に良い」(おそらく当時読んでいたヴァンテーヌか何かの受け売り)とのことから、「自分で稼ぎ始めたし、記念にここでお財布を買おう!」と、新入社員の私には高価な買い物をしました。それ以来ずっと使い続けています。

ただみなさんのブログや周りの友人などを見ていると、みなさん数年ごとにお財布を買い換えています。だいぶ前に読んだ栗原はるみさんの記事には、「我が家では毎年お正月に(たしか。ちょっとうろ覚えです。)主人が家族全員にお財布をプレゼントしてくれます。」と書かれていました。ということは毎年新しいお財布を使用されていると・・・・。栗原はるみさんは料理研究家としての活躍はもちろんのこと、ゆとりの空間でのオリジナル商品やカフェのプロデュースなどでも人気を博し今や億万長者(おそらく)。その一方で20年間同じ財布を使い続けている私は未だに一般庶民・・・。

そもそも自分と栗原はるみさんを比べることが間違っていて、お財布の問題よりも、料理の才能やクリエイティブな才能の問題の方が大きいのは明らかですが、お財布もほんのちょっとは関係している??

よく金運アップ術などでは、「お財布を新しくする」という方法も紹介されていますが、古くても、見た目割と綺麗で、未だに気に入っていて、他に欲しい財布もない場合にはそのまま使い続けていてもいいものなのでしょうか。(私は洋服や靴などは大好きで、選ぶのにもいろいろ吟味しますが、財布や化粧ポーチなど細かいものにはあまり興味がなく、シンプルなデザインで、自分の好きな色であれば割とどうでもいいというのが本音です。)

それともお財布は新しければ新しいほどいいのでしょうか。でも特に欲しいお財布もないしなぁ・・・。おそらくいろいろ見てみれば、可愛くて、欲しい!というデザインのものもいっぱいあると思うのですが、お財布を売っているお店でも、つい洋服やバッグに目がいってしまう私・・・。スピリチュアルな人が、「あなたの財布、悪い気が出ていますよ・・・。」とか指摘してくれればすぐに変えられそうなのですが・・・。根がケチ節約家なので、興味がないものの購入となるとかなり慎重になります・・・。

とりあえず、夫の財布は見た目からしてボロボロし始めているので、これは買い換えたいと思います。
(専業主婦の私の財布を変えるよりも、家計を支える夫の財布を変えた方が効果ありそうな気がするし・・・。)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

ライフスタイル ブログランキングへ

↑このページのトップヘ