カテゴリ:

小学生の頃の通知表の「先生からの一言欄?」には毎回、
「消極的。もっと授業中に手を挙げましょう。」などと書かれ、
成長してからも、就職の面接などで苦労したり、
人と話した後に、どっと疲れる自分は何かがおかしいのではと思っていましたが、
この本を読んで、ようやく「自分は内向型」だからこういう状況だったのだ!
と、とても楽になりました。

私の場合、もういい大人で、
外向型の社会では、最低限の社交性を身につけなければ
とてもわたってはこられないので、
さすがに、人と会っても、もじもじして、
挨拶すらできないなんてことはないのですが・・・
(小さい頃はこんな感じだったような・・・。)

たとえば・・・

〇世間話をするときに、思ったように話題が出てこず、
おかしなことを口走り、後で後悔・・・。

〇何かを質問されて、すぐに気の利いた答えが出せず、
あとで、「ああ言えばよかった・・・。」と後悔・・・。

〇気の置ける友人たちとの一日楽しいおしゃべり
→すごく楽しかったのに、どっと疲れるため、翌日休息が必要。

〇友人たちとの集まりに、行ってしまえば楽しいことが
わかっているのに、家にいたほうが楽などと思ってしまう。

〇一週間家に籠っていても、全然平気。とくに誰かと会って、
おしゃべりしたい等と思わない。(私の場合、夫は朝、夜は家にいますが)


このあたりのことが、日常生活で頻繁にあり、

〇頭の回転が悪い
〇なまけ癖

のせいだ!とずっと思っていたのです。

でも、上記のような特徴は、
『内向型』の人にはよく見受けられる特徴のよう。
(もしかしたら、頭の回転の悪さやなまけ癖も多少関係しているのかもしれませんが)
これがわかったのは、うれしかったですね。

ただ、本にも書かれていますが、
『外向型』のほうが、世間一般的には良いと思われているし、
世の中には外向型の人のほうが多いらしい。
だけど、内向型でも卑下する必要はないし、
こんなよいところもあるよということを、この本は教えてくれるので、
昔から、「シャイだ。」とか「おとなしい。」と言われ続けて、
悩んでいる人にとっては、とても楽になれる本だと思います。

そして、内向型に関する本を書いている(上記の本とは違う)
スーザン・ケインさんのTEDスピーチ(日本語字幕つき)もとても良かったので、
貼り付けておきます。



「世の中は、内向型の人を必要としています。少し頑張って外に出て行ってみましょう。」
という言葉にはとても勇気づけられました。

内向型を強みにする おとなしい人が活躍するためのガイド (フェニックスシリーズ) [ マーティ・オルセン・レイニー ]
内向型を強みにする おとなしい人が活躍するためのガイド (フェニックスシリーズ) [ マーティ・オルセン・レイニー ]

アマゾンでは、kindle unlimited対象です。

内向型を強みにする
パンローリング株式会社
2013-06-16




応援のクリック、励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


ライフスタイルランキング

読書は割と好きな方かと自分では思っていたのですが、
気がつくと、最近全然読んでいない・・・。
老眼が始まると、ますます読書から遠のく人が多いと聞くし、
その前に、なんとかその流れを変えたいと
【Kindle Unlimited】を申し込んでみました。

アマゾンの月額980円で、指定の本や雑誌が読み放題というものです。
最初の30日間は無料なので、今は本当に無料でいろいろ試せるわけですが、
思っていたより、読みたいと思う本がたくさんあり、毎月こういう感じで、
時々ラインナップを変えてくれれば、月額980円というのは、
かなりお得なのではないかという印象です。

早速、池井戸潤さんの『花咲舞』シリーズや、





ナポレオン・ヒル等の自己啓発本、
そしてダイエット本など、
8冊ほどダウンロードしました。

昔好きだった『ドマーニ』などの雑誌もあり、「あ!」と思ったのですが、
私が持っているのはキンドル・ペーパーホワイトなので、
読みたくても、これだとちょっと・・・と思っていたのですが、
PCからも見られることに気づき、カラーの大画面で
日本の雑誌が見られるのも、嬉しいです。

そういえば、ダン・ブラウンの最新作『オリジン』
も2月末に日本語版が発売されますね。
これはアンリミテッドの対象になることはしばらくないでしょうが、
すごく楽しみです。



応援のクリック、励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


ライフスタイルランキング

最近、ドミニク・ローホーさんの『シンプルに生きる』という本を
何度も読み返しています。

「ああ、こういう風に簡素だけど、質の高い暮らしができたら、
素敵だなぁ」となんとかこの教えを頭に刻み込んで、
実践したいと思っているのですが、簡単ではありませんね。

例えばドミニクさんは

ほどほどにお気に入りだったものは処分し、
完璧なものに取り替えること。
たとえそれが浪費と映っても躊躇しないことが大切です。
シンプル主義は高くつきます。


と書かれています。

また、別の章では

身の丈にあったお金の使い方

も大事だと言っています。
この辺のバランスは、とても難しいですね。


完璧なものを追い求めすぎて、なけなしの貯金を使い果たすような
ことも困るし、だからといって、適当に買い揃えたもので、
日々過ごしていると、自分を大切にしていないような気もするし・・・。



ドミニクさんはまた

自分の体のケアは自分でしましょう。


というようなことを書かれていて、
年々歳をとるごとに、美容への関心が薄くなり、適当になっている私は
耳が痛いです・・・。


でも周りを見ても、
きちんと手入れされた洋服を着て、
綺麗にしている人は
本人の生活自体も整っている人が多いような気がします。


生活を立て直したいと思っている方や
自分に喝を入れたいと思っている方で
まだこの本を読んだことがない方がいれば、オススメです。


シンプルに生きる 人生の本物の安らぎを味わう (講談社+α文庫) [ ドミニック・ローホー ]
シンプルに生きる 人生の本物の安らぎを味わう (講談社+α文庫) [ ドミニック・ローホー ]




応援のクリック、励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


ライフスタイルランキング

昨日テレビを見ていたら、たまたま『ジェーン・オースティンの読書会』という映画をやっていました。映画自体は、可もなく不可もなくという感じ、ただジェーン・オースティン好きな私には、映画の主人公たちが、ジェーン・オースティン作品の登場人物についていろいろ語り合うシーンは興味深かったです。

ジェーン・オースティン、私の中では何度も繰り返して読みたくなる作家No.1で、今までに本当に何度も読んでいます。『高慢と偏見』、『分別と多感』、『説き伏せられて』、『エマ』、『マンスフィールドパーク』などどれも主人公の独身女性たちの日常と結婚に至るまでの心もようを描いた作品なのですが、どれも本当に面白い。そしてその女性たちの相手となる男性陣も魅力的で、私が特に好きなのは、『エマ』のミスター・ナイトリーと『高慢と偏見』のミスター・ダーシー。ミスター・ダーシーについては『ブリジット・ジョーンズの日記』の中でも何度も取り上げられるので(実際のブリジットのお相手もダーシーという名前)『高慢と偏見』を読んだことがない人でも、知っている人もいるかも??

昨日の映画を見て、これらの作品、また読み返したくなりました。
IMG_4020

(『上』しかないものも(笑)。数冊はまだ実家にあったような気もするのですが・・・)


ところでアメリカ映画やドラマではよく女性たちが昨日の映画のような【ブック・クラブ】を家で友人・知人などを招いて開催していますが、アメリカでは日常的なことなんでしょうか??本を読む動機付けにもなるし、本の登場人物についてあれこれ語り合うのは楽しそうだし、いいことですね〜。

もしまだオースティン作品を読んだことがない方がいたら、ぜひ!

上記の作品たち、映画やドラマにも何度もなっています。
私は少ししか見ていないのですが、
これと
高慢と偏見[Blu-Ray]
コリン・ファース/ジェニファー・イーリー
IVC,Ltd.(VC)(D)
2013-10-25



これ、とても良かったです。
いつか晴れた日に [SPE BEST] [Blu-ray]
エマ・トンプソン
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2016-09-21


(上記はブリジットジョーンズでも何度も出てきたBBCのドラマシリーズ。コリン・ファースがミスター・ダーシー役をやっています。これは音楽も素敵で、本当にオススメです。)


ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ