カテゴリ: 掃除・片付け

古くなったバスタオルやシーツを取っておき、雑巾(ウエス)として使用する

というのは昔から主婦の知恵として実践されている方が多いと思いますが、
私もそうしなきゃというのが頭にあり、古タオルやシーツなどたくさんとってありました。

需要と供給がアンバランスすぎる我が家のウエス


しかし、どんどん溜まっていく一方のこの古布を見て、
「果たして最後に使ったのはいつだろう?」と
考えてしまうくらい、我が家では使わないことに気がつきました。
IMG_3803


我が家の掃除は全てスポンジワイプ。ウエスの出番はほとんどなし


普段の家具やトイレなどの拭き掃除は全てスポンジワイプでしているし、
台所の台ふきんもスポンジワイプ。
(丈夫だし、すぐに乾くので臭くならないのがいいところ。)

何か油っぽいベタベタしたもので、「スポンジワイプで拭きたくないな」
というものは、使い捨てのキッチンペーパーで拭いてから、スポンジワイプ。

すべてスポンジワイプなのです。
(愛用のスポンジワイプ。メーカーにもよりますが、1パックにつき4、5枚入っていて、
安売り時には日本円で150円くらい)
IMG_3804


思い返してみると、大事に保管していたウエスが活躍したのは
1年前くらいに、1リットルのオイル瓶が手から滑って割れ、台所中にぶちまけた時。
さすがにこれはキッチンペーパーでは追いつかなかったので、古タオルが活躍しましたが、
こんな失敗はそうそうない。

一時、ウエスを使いやすいように小さく切っておけば、使うようになるかな
と試して見ましたが、切っている時に糸くずがポロポロ、何かを試しに拭いて見ても
そこにも糸くずがつくということで、なんだかストレスが溜まりました。

私は昭和の人間なので、雑巾を買うというのはなんだかな〜(小学校などで
雑巾が必要となるとお母さん方がいそいそミシンを出してきて、
家にあるいらないタオルを縫ってもたせていた時代。買ったものを持ってきている子は
いなかったような。)と思っていたけれど、気がついたら、
自分も雑巾(私の場合はキッチンワイプですが)買っていました・・・。

捨てるだけの予定の古タオルを使うよりは確かに無駄づかいですが、
利便性を考えたらはるかに古タオルより優れているし、
それで掃除熱が保ち続けられ、家が綺麗な状態を保てるのなら
安いものかと・・・。

使わないものは断捨離



というわけで、古布は全て断捨離することにしました。
(以前にもしたのですが、なぜか心配で少し残していた・・・。)
もしどうしても必要な状態になったら、今使っているタオルで
一番消耗しているのを利用すればいいですしね。
ウエス以外にもまだモヤモヤしているものが我が家にはいっぱいあるので、
徐々にすっきりさせていこうと思います。

おまけ
パンダちゃんタオルも今回は断捨離対象に
IMG_3805


いつだったか私と夫が「海に行く。」と言った時に、
「あなたたち大きなタオルはあるの??」となぜか顔が輝いたように見えた義母。
「家にタオルいっぱいあるし、多分大きいのもあると思いますよ。」
と適当に答えたら、
「普通のバスタオルよりもちょっと大きめのじゃないとダメよ。」
と自分のタオルコレクション(大量)を点検し始めた。
どうやら私達にあげる大きいタオルを探している様子。
(きちんと洗濯、アイロンがけはされているが、新しいタオルではない。
息子の役に立ちたいのであろうが、ちょっと微妙・・・。)

上記のパンダちゃんが見えたので、私が、
「あ、パンダだ。」
と言ったところ、
「そうでしょ、そうでしょ、可愛いでしょう。」
(可愛いとは一言も言っていない)
と、くれた思い出(?)の品。



ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

ライフスタイル ブログランキングへ

何度か書いていますが、雨の後は汚れが緩んでいるので、窓掃除に適しているそうです。

ということで、今朝は朝から窓掃除。
用意したのは洗剤とアルコールを少々入れたぬるま湯とスポンジ、スクイージー、スポンジワイプ。
スポンジにをぬるま湯に浸し、窓をなでたあと、スクイージーで水を切り残った水滴を
スポンジワイプでとるというやり方をしています。
fullsizeoutput_149


居間の窓は洗剤入りのぬるま湯を使ったけれど、寝室と小部屋部分の窓はぬるま湯とアルコール
のみを使いましたが、仕上がりはあまり変わらないような・・・。よっぽど汚れがひどくて窓が
真っ黒などという時でなければ、ぬるま湯とアルコールだけで大丈夫そうです。

それよりも一番大事なのは、仕上げの水の拭き取りがちゃんとできているかどうか。
水が垂れている場所がそのまま乾いてしまうと、跡が残ってしまうので・・・・。
新聞が家にある方は新聞でふき取ると良いようなのですが、我が家はないので、
スクイジーで水を切り、端の部分などスクイジーが行き届かないところを
スポンジワイプで拭いています。

拭き掃除をした後の部屋は本当に清々しい!
fullsizeoutput_14f




私が愛読している掃除の本。(窓掃除は雨上がりがよいなどもこの本から学びました。)
もう10年以上も前の本ですが、時々読み返して
モチベーションアップをはかっています。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドイツ流掃除の賢人 [ 沖幸子 ]
価格:691円(税込、送料無料) (2017/5/3時点)




ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

ライフスタイル ブログランキングへ

我が家、居間側のテラスの横に、秘密?の扉があります。
IMG_3610


我が家の入っているアパートは山の斜面に建てられているのですが、『山に直接当たるところに住居部分を作ってはいけない』という決まりがあるらしく、山から少し空間をとって、住居部分を建てなければいけないそうです。そこで、建設会社さんがその空間を利用した物置部屋を作ってくれており、小さいけれどとても便利です。アパート自体が小さいので掃除用具やガーデニング用品、食料品のストックなどごちゃごちゃしやすいものを家の中やテラスに置きっ放しにしなくてよいのはとてもありがたいのですが、家の中にいると目に入らない場所なので、放っておくとかなりカオスになっています。

こんな状態

IMG_3611


イースター(復活祭)前と、一応私が住んでいる国では今が大掃除の時期なので、冬の間は見て見ぬ振りをしていたここの掃除に取り掛かることにしました。

そして先ずは食料品、掃除用品ストックの全出し。
先ずは食料品のストック
IMG_3613
IMG_3614
IMG_3615


だいぶあるように見えますが、以前と比べるとこれでも減りました。お酒類を除いては結構回転しているので、ここはよしとします。

そして掃除用品のストック
IMG_3616


これは溜め込みすぎですね・・・。掃除があまり好きではなくいつも逃げがちなのですが、掃除用品を買うと、半分くらい掃除したような気になれるからでしょうか・・・。

今回断捨離するもの。
期限が切れていた黒豆と、以前、職場からのクリスマスバスケットに入っていたまずいと噂のスプマンテ(もらった途端早速開けて飲んでいた(笑)同僚談)
IMG_3619


黒豆は以前期限が切れていたのを煮たところ、硬くてあまり美味しくなかったので、今回は処分。スプマンテはそのままでは飲めなくても何かお料理に使えるかな〜と、とっておいたのですが、赤ワインや白ワインと違って、発泡性のものは、あまり料理には使わないのかな??これといったレシピを見つけられなかったので処分。

昨日はこれらが入っていた棚を拭いて、元に戻しただけで力尽きました。少しずつでもいいから、徐々に綺麗にしていきたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

ライフスタイル ブログランキングへ

我が家、日当たりがあまり良くないのと、湿気が多いのか、外のテラスや外壁部分にコケができることが多いです。昨年外壁をお酢で掃除したところ(その時の記事→)意外にきれいになったので、今回もお酢を使って掃除して見ました。

初めはこんな状態。
部分的にコケが目立ちます。
IMG_3486



1時間強、お酢をふりかけデッキブラシでこすっては、お湯を流しまたこすってはお湯を流しを繰り返してみたところ、コケの部分はだいぶきれいになりました。

ただ今まではそんなに気にならなかった汚れがめだつようになってきました。
こういう汚れ(土とかが蓄積したものなのか??まだ完全に乾いていないせいもありますが、ちょっと茶色っぽくなっているところ)、ゴシゴシとこすっても落ちず・・・。
洗剤を使わないナチュラルクリーニングはやっぱり限界があるのかな??
IMG_3490



反対側のテラスのタイルもコケの他に、こういう汚れがここ最近目立って来ていて、掃除しなくてはならないのですが、反対側はとくに土部分に直結しているので、洗剤を使いたくないのですよね〜。(我が家にはテラスを歩きまわる猫もいるので)

やはりここはケルヒャー等の高圧洗浄機を導入するしかないのか・・・。これだと水だけだから、究極のエコクリーニンングなはず。(電気は使うけど)

我が家のテラスはそんなに広い面積でもないし、ベーシックなもので大丈夫だと思うのですが、そういうタイプだと値段も安い・・。ただ今は家をスッキリさせたくてものを減らしている状態なので、どこに置くかという問題と、テラス掃除のためだけに使う掃除道具を買うということに抵抗があるのですよね。

こんなの↓
ケルヒヤー 高圧洗浄機 「K2クラシック プラス」 K2クラシックプラス(送料無料)
ケルヒヤー 高圧洗浄機 「K2クラシック プラス」 K2クラシックプラス(送料無料)


とりあえず来週またお酢と今度は重曹も使って、もう一度こすってみようと思います。

おまけ
掃除後の写真を撮っている時に、我が猫のお友達(?)が遊びに来ていました。見えるかな??
(上の写真にも写っています。)
BlogPaint


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

ライフスタイル ブログランキングへ

我が家のキッチン、流し台の上にこのような水切りだなが付いています。
IMG_3461


これ、隠す収納が基本のイタリアのキッチンにはよく付いているタイプのものです。(以前の隠す冷蔵庫の記事はこちら→)リビングからキッチンが丸見えな我が家にはとてもありがたいものなのですが、背の低い私は、中の様子があまりよくみえないのと、いつもものを出し入れする時以外は扉を閉めているせいか、気付いた時にはすごい水垢汚れが!とくに一番下の水を受けるトレー部分の汚れがすごいです。我が家が住む地域は硬水なため、洗い物をした後は、通常はすぐに拭くようにしている(そうしないと水垢が目立ちます。特にカトラリー類など)ので、この棚はいつもこのくらいの状態でわりとスカスカなのですが、それでも毎日なにかしら出し入れしているせいか、汚れがすごい・・・。
IMG_3469


直接食器などが触れる場所でもあるし、洗剤ではなく、ナチュラルな方法がいいと思い、重曹と酢を使って台所用スポンジで磨いていますが、頑固な水垢汚れが取れません。

『水垢汚れ』でいろいろ調べているときに、乾いた状態の時にフェルト布でこすると落ちるというのを見つけ、やって見ました。たしかに頑固な水垢汚れもフェルトごしごしやると少し落ちます。ただ我が家のは頑固過ぎたせいか、お酢を少しつけた状態でこすったほうが汚れ落ちは良かったです。今日試して見た方法で一番効いたかなぁと思ったのが、お酢でシップをし、(水垢の上にキッチンペーパーをおき、酢を霧吹きで吹き付け、少しの時間おいてなじませる。)その後、フェルト布でゴシゴシやる方法です。重曹をばら撒き、酢を吹き付けてしばらくおき、台所用スポンジの柔らかい方でこするといういつも私がやっていた方法よりも格段に汚れ落ちはよかったです。

①いつものように重曹・酢・台所用スポンジの柔らかい方で掃除した後
まだ頑固な水垢がたくさん残っています。
IMG_3465




②上記の方法を試した後、酢シップ・フェルト布で掃除した後
完璧とはいかないまでも、だいぶ水垢が落ちました。
IMG_3466



ということは、水垢落としに重要なのは酢で、重曹はあまり関係ないのかな・・・。
重曹の上に、酢を吹き付けると、シュワシュワとし、いかにも汚れを分解していそうなかんじなので、いつもこの方法をとっていたのですが・・・。

それから①の方法であまりきれいに落ちなかったので、②の段階で、新しい方法でなんとか落とすぞといつもよりゴシゴシする時に力を入れていたような気もするので、必ずしも台所用スポンジよりもフェルト布の方が水垢が落ちるとは言い切れないのですが、今日は、フェルト布を使った時の方が汚れの落ちが良かったです。


おまけ

「そういうふうに汚れをためちゃうから、後が大変になるんだにゃ・・・。僕は毎日お手入れしてるからいつもピカピカさ!」
IMG_2674



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

ライフスタイル ブログランキングへ

↑このページのトップヘ