カテゴリ: 掃除・片付け

以前からこびりついた汚れが気になっていた我が家の電気オーブン。オーブンレンジではなく、オーブン機能だけのものです。(我が家、電子レンジはありません。)新居のキッチンを選ぶときに、一緒にキッチン家電も選んだので、かれこれ七年ほど使っていることになります。
IMG_1312

以前、鶏のローストかなにかをしたときに、オーブン内にそこらじゅう油が飛び散ったにもかかわらず、使用後てきとうに拭いた(なでたが正しい表現かも)だけだったので、その油が凝り固まってこげになってしまっていました。(恥を承知で写真載せます)オーブンを開けるたびに嫌な気持ちになっていたにもかかわらず、見て見ぬ無理すること○年。昨日ようやく掃除に取り掛かりました。
BlogPaint

しかし何年も放置したツケは重く、重曹スプレー後、キッチンスポンジの緑の部分でこすったくらいではびくともしません。そのため重曹ペーストを作り、30分以上放置した後にキッチンスポンジでこするという方法をとり、ようやく少し汚れが落ちました。側面の天板を載せる部分が取り外し可能だったことも知らなかった私。すこし引っ張っただけで簡単に取れたため、その部分もしっかりこすることができました。

だいぶましにはなりましたが、まだ『キレイ』には程遠い。次回オーブン使用後のまだ温かいときに、再度重曹ペーストでチャレンジしたいと思います。
BlogPaint


(重曹スプレーや重曹ペーストの作り方や使用方法については、重曹 オーブンの焦げ付き などで具グーグル検索ででできた幾つかのサイトやブログを参考にしました。)

【本日の教訓】 オーブン掃除は毎度使用後のまだ温かいときにするべし。何年も汚れがこびりつくと、重曹ペーストでも太刀打ちできず。

重曹のその他の使用方法
重曹、エコなうえに価格も安く、とくに食べ物を扱うため化学的な洗剤は敬遠しがちなキッチンまわりのお掃除には欠かせません。最近は重曹を使っての掃除はかなり定番になってきましたが、私の居住国でも掃除の他にも様々なことに使用されています。私が持っている重曹の箱の側面に書かれていた使用方法を紹介すると・・・
IMG_1337

①野菜や果物の汚れ落としとして
これは日本でもやっている方、多いようですね。こちらでも夫の友人の奥さんが妊娠したときに、「最近はいろいろと心配で、野菜や果物を生で食べるときには必ず重曹水で洗ってるのよ〜。」と言っているのを思い出しました。箱には1リットルの水に対して大さじ一杯と書いてあります。

②切り花の鮮度を保つために
これは今まで知りませんでしたが、まだ日本で暮らしていた頃、切り花を買ったときに、花専用の鮮度を保つ白い粉(?)がついてきたことを思い出しました。(重曹が原料?)こちらではそんな親切なものは付いてきませんので、これはぜひ試してみたいです。

③お菓子などのふくらまし粉(?)として
これも日本のお菓子レシシピにもたまにのっていますね。ただあまり入れすぎると苦くなってしまうとか・・・。この箱には500gの粉に対して大さじ1杯と書かれています。

④消化を助ける飲み物として
これは我が夫や夫の家族が時々やっています。クリスマスやイースターなどのご馳走を食べ過ぎた後に効果的な模様。こちらにはこの消化促進飲み物専用のちょっと美味しい重曹(味が付いていたりして飲みやすくなっているそう)も売っていて、義母が作る食事の量が半端ではない義実家には常備してあります。(笑)箱にはコップ半分の水に対して大さじ二分の一と書いてあります。

⑤臭い消しとして
ふたなしの容器に入れて、冷蔵庫の中や、ゴミ箱に入れると匂いが軽減されるとあります。

⑥洗濯時に白さを際立たせるために
漂白剤とともに重曹を少し入れると白さがさらに際立つそうです。箱には小さじ一杯と書いてあります。

⑦足浴の際に
こちらで足浴を習慣にしている人をあまり見たことがありませんが、箱によると10リットルのお湯に対し、大さじ一杯の重曹を入れて足浴すると肌の汚れを取るのに効果があると書いてあります。(角質などにも効果があるのでしょうか??)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

数週間前にキッチンの物はキッチンに収納しようと、今まで寝室のクローゼット内にしまっていたテーブルクロスとふきん類をキッチンの引き出しの中に入れるという作業をしたのですが、その片づけがうまくいかずいくつかのお鍋がすべて引き出しに入らず常にコンロの上に出ているという状態に・・・。これでは見かけも悪いし、料理をするたびに鍋をどかせなければならないし、なんとかしなければとは思っていたのですが、なかなかやる気が出ずその状態のまま数週間。今日なんとか重い腰を上げて整理整頓してみました。

まずは鍋の全出し。
IMG_1150


鍋の引き出しを空に。
IMG_1151


この引き出しだけでは全部入らないことはわかっていたので、もうひとつの棚の物も全出し。
IMG_1154


棚を空に。
IMG_1153


一番大きくてかさばる鍋2つ以外を全部収納。
IMG_1156


2つの大きな鍋は使用頻度が低いので上段奥へ収納。その他のものはよく使うものをなるべく前に。
IMG_1155


随分と劣化していたり、用途不明のものを断捨離。
IMG_1158


なんとか収まりましたが、よく使うフライパンの上にフライパンの蓋を置かなければならなかったり(蓋はいつも使用するわけではないので)と、使い勝手を考えると、まだまだ改良の余地があります。収納に対して、物が多すぎるのが原因かも・・・。今日はここまででしたが、他の棚や引き出しもすべて見直して、すっきり使いやすくしていこうと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

この家に越してきて今年で7年目。家を見に来た時は、タイルやフローリングなどはまだ何もなくすべて灰色(コンクリート?)の状態だったので、床材などは一から選びました。横に細く長い長方形、窓は2面のみのアパートで、後ろは山という立地のためか、この家の第一印象は「洞窟みたい」でした。そこでその特徴を生かそうと思い、LDK部分のタイルを選ぶ時も、なるべく自然の石っぽいもので、でも広い家ではないので、とにかく広く見えるよう色は白っぽいものという条件で色々探し回った結果見つけたのが今のタイルです。

IMG_0431


見た目は大変好みなのですが、掃除が大変。凹凸があるので、その部分に汚れがたまってしまうのです。(キッチンもあるので油汚れのあとにホコリがついてしまったのか?)通常掃除機をかけた後、モップ掛けをするのですが、それくらいでは長い間に蓄積された汚れはとれず・・・。(今でこそ毎日掃除していますが、昨年までは働いて、疲れているというのを理由に掃除はかなりおろそかでした。)タイルの上にお酢をスプレーして、その上に重曹をふりかけ、シュワシュワとなったところで、ブラシで磨くというのをやってみましたが、確かにだいぶ綺麗にはなりますが、大変すぎる・・・。いつも10枚くらいタイルを磨いた後でギブアップしていました。何かいい方法はないものかとネットで色々検索したところ、みんながオススメしているのはケルヒャーのような高圧洗浄機やビルや空港の清掃で使用されているようなブラシがくるくる自動で回って床を掃除する機械、また私がやっていたような手を使ってブラシでこするという方法。高圧洗浄は家の中なので、不向きだし、ブラシがくるくる回る機械は業務用っぽいし、値段も高そう。そして手でひたすらこするブラシは面倒臭がりの私にはハードルが高い・・・。一番納得した方法は「凹凸のある床は汚れがこびりついてしまうと綺麗にするのが大変なので、毎日掃除機でまずホコリを取り、その後拭き掃除をし、汚れをためないようにする。」というもっともな主婦の回答。しかし7年の汚れをためてしまった我が家はどうしたらいいのか・・・。ひたすらこすりまくるしかないのか・・・。

そこで、ここのところ頭から離れないのが、スチームクリーナー。あの蒸気でお掃除する機械です。あれで油汚れを緩くしてから少しブラシでこすれば抜群にきれいになるのではないか・・・。これもまたいろいろ調べた結果、あの機械で床をお掃除すると綺麗になるようなのですがの床が我が家のような凹凸のある床でも効果があるのかが不明・・・。パソコン検索している間に、タイルの一つでも磨けばそのうち綺麗になってくるとは思うのですがね・・・。

本日の教訓「掃除は汚れる前にやる。」
(愛読の「ドイツ流 掃除の賢人」にも書いてありました。)


IMG_1020

(色のグラデーションは以前からあったのですが、以前は全体的にもっとアイボリー感じでした。しかし現在はベージュになってしまっています。汚れがグレーぽくなってしまっている汚らしい箇所の写真は自粛。)




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

昨日もこちらはあいにくのお天気で雨は降らなかっものの、一日中くもり。
雨上がりの後は窓掃除をするといいと確か愛読の「ドイツ流 掃除の賢人」に書いてあったので、
今日は家中の窓掃除をしました。とはいっても我が家は2LDKで、
それぞれ1つずつ窓が付いているだけなので、戸建てのお宅に比べればだいぶ楽です。
上記の本ではぬるま湯とすこしの中性洗剤、タオル、新聞紙(仕上げ磨き)をオススメ
していますが、私がいつも使っている窓拭き専用スプレーからヒントを得て、
中性洗剤の代わりに掃除用アルコールを使ってみました。
(写真のピンクの液体がアルコールです。私の住む国では定番の掃除用品で、
スーパーで100円くらいで買えます。殺菌や汚れ落としができるので、拭き掃除等に使われているようです。)というのも、我が家は通常新聞紙がなく仕上げ磨きができないため、以前ぬるま湯と水切りワイパーで窓拭きをしたところきれいに切れていなかった水あとが残ってしまったことがありました。アルコールにはすぐに乾くという性質があるようで、私の持っている窓拭き用洗剤にも「スピード アルコール」と大きく書いてあります。

実際の掃除ですが、洗面器(我が家は洗面器がないので鍋を使用)などにぬるま湯を入れ、アルコールを少々垂らします。それをスポンジに浸して、窓全体をぬらし、ワイパーで水を切ります。床が多少濡れますが、それはタオルやスポンジワイプなどで拭います。簡単でとってもきれいになるので、すでにお風呂掃除用などで、水切りワイパー(スクイジー)を持っている方にはオススメの掃除法です。(私が日本にいた頃は、お掃除用アルコールなどはあまり見たことがなかったのですが、今はあるのでしょうか・・・。消毒用エタノールなどが使えるかなと思ったのですが、値段を見たら高いですね。これだと、窓拭き用の洗剤を買う必要はなくなっても、節約にはならないかな・・・。)

窓拭き専用のスプレー
IMG_0984


今回使用したもの(スポンジがガジガジなのは猫の仕業です・・・)
BlogPaint






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

今日はこんまりさん流のたたみ方で自分の靴下とタイツ
の引き出しの整理をしてみました。すぐにどこに何が
あるかわかるし、 見た目も綺麗ですばらしい!

ただ、トップスはどうなのかな?
アイロンをかけたあと、今までは洋服屋さん畳み
(というのでしょうか?)をしていたけれど、こんまりさん流だと
もう少しコンパクトに畳むようになるため、シワが心配・・。
でもふんわり畳む感じだから大丈夫なのかな??
 
 

↑このページのトップヘ